読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嗅覚

普段考えてること、猫とか、すきな人のこと。

ねこの話〜出会い編〜

f:id:endchip:20120305172605j:plain

コラムで毛色で見る性格の傾向
みたいなやつを読んで
バクちゃんは結構当てはまるなーと思い
 
バクちゃんは生後3週間くらいの時に
雨の中一人で居るところを拾われた子で
風邪は引いてたけどノミとかは付いてなくて
きっと捨てられた子だったんじゃないかな
けど拾ったものの、飼える環境じゃなかったその子が
里親を探してるのをあたしが見掛けて
ちょこっと連絡取って
翌日とか翌々日に引き取りに行ったの 
 
おうちでミルクの世話をしてくれてた男の子に
お昼寝中の子猫を起こして飲ませ方のレクチャーを受けて
「飼いきれないと思ったら何時でも連絡して下さい」
って冷たく言われ
アレだな、可愛くなって渡すのが寂しかったんだろうな
 
飲む気分じゃなかったミルクが終わって
あたしの手に乗せられて直ぐ寝たのが死ぬ程可愛かったなー
眠ってる内にガタゴト帰って
2歳までの猫の育て方の本を読みつつ
ミルク飲ませてみたり
ちょんちょんしてオシッコさせてみたり
 
仕事しながらもこの子のことばっかり気になって
一時期なんとなく怖い夢を見なくなって
夢食いのそれと、白黒の毛色とでバクちゃんと命名
 
長くなったから記事分けます