読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嗅覚

普段考えてること、猫とか、すきな人のこと。

春の匂いがして

お出掛け
立春を前に20℃を超えるのは44年振りだそうですね
そこまでは上がらなかったと思うけど
ぽかぽかと春の陽気の今日は
お昼からお散歩に繰り出したの

まずはランチ
西口にあるLineってカフェ
エスニックのメニューを目当てに行ったものの
辛のマークと本格派的な文を見て
これは辛くて完食できないパターンのやつや
と怖くなったから雑穀米御膳にした
f:id:endchip:20130202204826j:plain
本日のおかずは里芋のそぼろ和え
添えられたカイワレと
刻んだ柚子でほっこり爽やかな仕上がり
海老の包み焼きも美味しいし
菜の花の和え物で春を感じたり
竹輪のサラダにはからし?が効いてて
程よくごま塩の振られた雑穀米もいいし
味噌汁がしょっぱかったことを除けば
こういうご飯を求めてた!!って御膳だった
ランチに行きたいお店にぐいぐいランクイン

その後書店に行って目に留まった本を買う
f:id:endchip:20130202205521j:plain
動物を題材にした短いお話が14編
一話毎にイラストが入っててとっても可愛い

そしてテクテクと歩いて歩いて手賀沼へ
途中の中央体育館の所で
レンタサイクルに寄ろうとしたら
どうやら冬期休業中だったらしくて
次は3月20日から貸し出してくれるそうな
それなら桜が咲く頃にでも

手賀沼に入って 今日は普段の反対側へ
北柏側のベンチのあるエリアは
除染作業が終わって4月まで立ち入れなくなってたから
休憩は先送りにして進んで行くと
水辺に鳥が集まってるのを見付けて近付いてみる
f:id:endchip:20130202215325j:plain
太陽が反射して光って見える
ここに居る鳥たち 白鳥だけかもだけど
人に慣れてて 驚かせたりしなければ平気そう
白鳥は近付けるギリギリの所まで来てくれた
f:id:endchip:20130202215551j:plain
あたしが何も持ってないのが判るとお散歩に戻る白鳥
水面を優雅に泳ぐ白鳥も
実は水面下では必死で足を動かしている
なんて聞いたけど
全くもって優雅な泳ぎ方だった
両足を同じタイミングで後ろに掻くと
その一掻きですいーっと進む

釣り人エリアを抜けて 公園の中を軽く歩き
公園を抜けると一般道に出て
標識を見ると大分先が長そうだったからターン
ビジターセンターの手前の辺りにある
寝転がれるくらいの正方形の大きいベンチ?で休憩

14時過ぎで一番あったかい時間
コートを脱いで本を読んでたら
陽気とお話の世界が合間って別の世界に旅立ちかけた(・Д・)

全部を読み終わる前に本を閉じて
仰向けに寝転がるとすっかり青空
f:id:endchip:20130202222549j:plain
自然を前にした時とか
広い空を見た時のあの感覚はずっと変わらない
眩しい左側だけ腕で遮って
ぼんやり空を眺めてみたり
目を瞑ってうとうとしてみたり
15時くらいまで過ごして手賀沼散歩は終了

それからまた一旦駅の方まで行って
友達にプレゼントするチョコを選んで
2の付く日はあたしにとってギャンブル運の上がる日らしいと知り
予算2000円でパチンコしたら単発で一箱だけ出て
うっすらおこずかいを手に入れて帰りましたとさ。笑