読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嗅覚

普段考えてること、猫とか、すきな人のこと。

感謝祭、ギョプサらず

毎月開催してる社内の交流会で

韓国料理縛りはまだやってない!となり

カムサハムニダ祭(何に感謝するんだろう)が決定して

しかし大体当日ギリギリまでメニュー決めないもんだから

週末の間にメニュー固めて やっぱり開始時間までに全部の準備は無理だったけど

(主に謎の余裕で途中休んじゃうから)

プレゼントがあった人たちには概ね渡し切って

前日が誕生日だった子にも無事喜んでもらえた

なんだったらちょっと泣いてた

f:id:endchip:20160726113616j:image

あたしは終始 俄然忘れっぽいシャッチョさんに

何コレどのタイミングで渡そうとしてるんですか?の確認と

みんなへのプレゼント贈呈、おもたせ配布とか

やってたら

メインメニューのサムギョプサルを一切れだけ

葉っぱに巻けもしない状態でタレ付けてはむはむしただけで

帰宅後ナチュラルにご飯食べました

うちの人たちって自由な人率高かったんだなって再確認したよ( ¨̮ )笑

 

けど翌日のお昼にあさりのエキスがたくさん出たスンドゥブチゲを食べれたから

結果オーライだったりします

 

旅行に向けて 初めてペットシッターさんにお願いしてみることにしたんだ

シッターさんとは云え、見ず知らずの人がおうちに来るわけだから

それまでにちょっと掃除しておかないとなぁ

打ち合わせは男性が来るみたいだけど

当日はメール対応してくれてる女性の方だといいな

人によるけど 男の人だと怖がっちゃうことがあるから

不安要素は少ない方がいい

 

 最近YouTubeでカバー版の真夏の通り雨を聞いてるんだけど

なんて切ない曲なんだろうって

覚えたくて繰り返し聞いてるんだけど

どうしても途中で涙出ちゃう

 

あねさんは何か辛いときに父さんに会いたいって呟く

あたしは父さんに何か相談したり 頼ったりとか

あねさんがよく頼ってるのを見てた分ほとんどしなかった

一人暮らしを始めてからは 急に家に帰ってみることはあっても

メールとかで連絡したりはしてなくて

事が起きて 父さんのケータイの履歴を見たときはほんとに辛かった

 

そういうのもあってか

こんな時に居てくれたらって考えることってほとんどないんだけど

それでもふいに夢で会う

あたしはやっぱりあの家に居る

今の家で暮らし始めて7年以上経つけど

この家で夢を見るのは彼と寝てるときだけ

 

シッターさんと打ち合わせの日 お休みにしてもらったから

久し振りにお墓参り行こう