読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嗅覚

普段考えてること、猫とか、すきな人のこと。

金曜の夜は夜更かしすると綺麗になる

とか言ってるんですよね
BeauTV〜VOCEさんが。
毎週 メイクに関することだとか
これが美容にいい みたいなものを紹介してる番組なんだけど
こないだの放送でリップが主役のメイクをやってて
あたし自身はリップに頓着しない方なんだけど
素敵だったから日によって取り入れてみています
赤いリップや強めの色のリップが似合う女になりたい

あんまりにもお客さんが来ない時間帯があって
キューの構え方を教わったんだけど
静かに見えるスポーツでも
やっぱり体を使ってるんだなぁと実感
遊びで9ボールをやってる時に
調子がよくなってくると真っ直ぐ突けてて
それが案外当たり前じゃなかったことに気付けたり。

あたしは(試験的な意味で)人の視線があると
どうも動きに躊躇いが出やすいタイプで
一人で集中してやってたり
遊びで楽しい気分の中の方が本来の力が出る
と思ってるから
なんというか
一人で練習しに行きたい←

夜友達が帰りにうちに寄って
好きな人とのあれこれを聞いてたんだけど
この子は感情が高ぶってる時に
その方面にしか物事を考えられなくなるとこがある
から 絶望タイムの時になんて言っても無駄なんだけど
先輩にもこう言われた
先輩の言う通りだ
先輩の
って死ぬ程言われまくると
あたしの言うこととかどうでもいいんだろうか
って思って軽く凹む
そして本人には全くその意識がない
ふぬ

声に出すと その言葉が力を帯びる気がしてるの
思ってることを声に出して言うことで
脳がその通りに認識しようとする と云うか。
気になってる人が居たとして
まだそこまでの気持ちではない状態で
誰かに彼が好きだ と言うと
その時を境にこれは恋なんだ 好きなんだ
って気持ちに変わるみたいに
意思 と少し違うところからそう思わされる
みたいなイメージ

よく見る
なんかいいことないかなぁ
って云うのは
今の自分はつまんない生活してるなぁ
って言い聞かせてる様なものだし
私なんか 俺なんか
って自分を卑下する言い方だって勿論よくない
つまらなそうに 自分に自信がなく
日々を送ってる人たちは
自分で自分の不幸を呼び寄せてることに
気付いているんだろうか

ネガティブに同調して欲しがる とか
ポジティブを押し付ける とか
どっちも困るけど
自分の好きな自分でありたいよね