読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嗅覚

普段考えてること、猫とか、すきな人のこと。

ゼロの未来

元々単館上映で 公開から1ヶ月を過ぎ
公開終了してる場所もあるのを見て
これはいけないと 仕事帰りに観て来たのです

f:id:endchip:20150611130326j:image

f:id:endchip:20150611130350j:image

f:id:endchip:20150611130402j:image

単館の何が好きかって
作品毎の手書きの紹介文だとか
色んな紙面の掲載記事をスクラップして貼り出してるとこ
あたしは昔から どんなバンドや映画が好きでも
その雑誌を買って読むことが殆どない
だからこういう時がいい機会になるの

ローズインタイドランド
あとはテレビでうっすらブラザーズグリムの
3作品くらいしか観たことがないんだけど
最近のその2作品は凄く好みだったから
これは劇場で観ないと勿体ない!と思って
初見では色々と見落としもあったように思うけど
観て良かったなぁと思えた作品。

主人公のコーエンは 優秀なプログラマー
自分の存在意義を見出せなくて 自宅に架かってくる電話を待ちながら
エンティティの定理に取り組んでたけど
社長に課せられたゼロの定理の実態は実体がなく
100%のゼロ 虚無 ブラックホール
完全な無を証明するなんて可能なんだろうか
(劇中の数値では93.879%辺りまで来てた)

ついこの間 ブラックホールがどうして出来るのかを聞いた
宇宙に果てがあるのかなんて分からないけど
幾つもの惑星が重力の収縮でブラックホールになってる
地球もいずれそうなる

何処からも監視されていて
支配された環境を支配とも感じずに
自宅(教会)で齎される筈の電話のベル(神の声)を待つなんて
信仰に厚い人なのね